手根管症候群 ~ 手の痛み 海田町 整骨院

手の平の痛みや痺れの原因として、手根管症候群があります。
これは、首から手にかけて降りてきている正中神経がしめつけられて
おこることが多いです。
場所は手のひら側にある手首の手根管というトンネルの中で圧迫されることが多いです。
女性に多くみられる症状です。

症状としては、、、

・人差し指、中指、薬指の半分、親指のしびれ、痛み
・親指の付け根の筋肉(母指球)の低下
・明け方に痛む
・手のこわばり感
・OKが指でつくれない
・指先の作業が難しい
など
原因は特発性に起こり、原因不明とされていますが、
次のケースで出現が多くなります。
・更年期の女性
・手、指の使い過ぎ
・手首周りのケガや骨折の後遺症
・妊娠、出産のホルモンバランスの崩れ
・透析でのアミロイドの沈着
など

診断の方法は、

①チネルサイン
手根管がある場所を打腱器などでたたくと、痛み、しびれが指先に放散します。

②ファレンテスト
左右の手首を直角に曲げて、左右の甲と甲をくっつけます。
しばらく置いて、1分間以内にしびれ、痛みが出るかどうかみます。

③母指球の筋力低下や筋萎縮があるかを確認します。

④原因として腫瘤が疑われるものでは、MRIなどの検査をします。
治療としては、、、

保存療法として、まず患部を安静に保ちます。
手根管まわりの軟部組織の柔軟性をあげます。
頸椎症も合併している場合はその局所の治療も必要となります。

投薬として、消炎鎮痛剤やビタミン剤などや、塗布薬、
また腱鞘炎を治めるために手根管内に注射などをします。

症状が重度のものは手術が必要になります。

「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

緊張型頭痛 ~ 安芸郡 海田 海田市 接骨院

慢性的に起こる頭痛は分類から3つのタイプにわけられます。

 

①片頭痛
②緊張型頭痛
③群発頭痛

 

今回は緊張型頭痛を紹介します。

 

緊張型頭痛には2つのタイプに分けられます。

 

①反復性緊張型~時々おこる
②慢性緊張型~ほぼ毎日痛みがある

 

特徴としては、、、

 

・頭が締めつけられるような痛みがある
・慢性頭痛のなかで7割を占める
・痛みが短いときには30分、長い時には一週間にわたってつづく
・ヘルメットをかぶったような痛み、はちまきで締め付けられるような痛み
・後頭部を中心に両側が痛む
・「ストレス頭痛」と表現される
・首や肩のコリがある
・家事や仕事は何とかできる
・めまい、ふらつき、全身倦怠感などを伴う

 

片頭痛との違いは、、、

 

・痛みはあるがなんとか動ける
・動いたときは痛みの悪化はない
・吐き気や光や音に過敏になることはない
・脳の血管性に問題があるのは「片頭痛」 で、
 頭の周りの筋肉が緊張して痛むのが「緊張型頭痛」
・片頭痛のような前兆はない

 

原因は、、、

難しい姿勢や格好をすることや運動不足などが原因で
頭や首~肩の筋肉が緊張状態になり、頭痛が起こります。
また精神的ストレスが誘発する場合もあります。

 

予防・治療としては、、、

 

適度な運動で体を動かしたり、
硬くなっている肩や首の硬さをほぐすなど
筋肉の柔軟性を高めます。
また、気分転換をするなどストレスをため込まないように
注意することも大切です。

 

 「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

顔面けいれん ~ 顔の痛み けいれん 痙攣 整骨院 鍼灸

顔面けいれんは正式には片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)と言い、
その名のとおり顔の片側の筋肉が自分の意志とは無関係に動く状態です。

何らかの原因で顔面神経が異常な刺激を受けることで顔面に痙攣が起こります。

 

 

40代以降の中高年齢層での発症率が高いですが、まれに小児での発生も報告されています。

顔面痙攣の主な原因は頭蓋内の血管による顔面神経の圧迫によるものです。

顔面神経は脳幹という脳の中心の部分から出てきています。
そして頭蓋骨内を通り分岐しそれぞれ各種コントロールしている部分
(顔の筋肉、顎の筋肉、涙腺、鼻の分泌など)に細い神経を出しています。

その顔面神経の根本の脳幹から出てきている部分に動脈がぶつかり、
血管の拍動と共に神経が刺激され顔面の筋肉が
不随意(無意識)に収縮して顔面のけいれんを起こすものになります。

さまざまな誘発原因があり、

人前の緊張

ストレス

疲れ

強い閉眼

などの顔面筋の運動などで出現しやすくなります。

症状としては、

初期症状としては目の周囲がピクピクと軽く痙攣する程度ですが、
次第に同じ側の頬、額、口、顎へと範囲が広がります。

さらに症状が進行したものだと、顔が引きつってゆがんだり、
片眼がギュッと閉じたままになったりする場合もあります。
また、耳鳴りがする場合もあります。

まぶたのピクピクとした痙攣や、痙攣で目が閉じてしまって開かなくなるといった症状などもあります。

重症になるとけいれんが持続し、目や口周囲のけいれんが同時に起こり、顔が歪むことがあります。
また、長期間、けいれんが続いていると、けいれんの無い時には顔面麻痺がみられることもあります。

治療方法としては、

飲み薬処方(鎮静薬や抗不安薬で、引き金となるストレスを抑える)

ボツリヌス毒素注射(筋肉を軽く麻痺させけいれんを抑える)

手術療法(顔面神経を圧迫している動脈を移動させる)

などがあります。

また、鍼治療も有効な場合があります。

 

 

元氣整骨鍼灸院では院長の無痛調整治療、鍼灸治療、特殊電気など

豊富な実費治療があります。

顔、頭の症状もお気軽にご相談下さい。

 「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

 

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00