顔面神経麻痺 ~ 顔の痛み 頭の痛み 顔 症状

脳から出た顔面神経の働きが何かしらの原因で障害されたもので、
俗に「ベル麻痺」という名称がついています。

 

他に脳卒中、ライム病、ヘルペスなどの他の疾患から二次的に発症するものもあります。
これら以外のものは特発性におこるものであり、原因が特定されていません。

 

顔面神経は顔に分布している表情筋の動きを主に司っています。

 

・目を閉じる
・まばたき
・笑う
・眉を動かす
・涙を作る
・唾液を作る
・舌の前3分の2の味覚を感じる

などの働きをしています。

 

顔面神経は脳から出て頭蓋骨の細いトンネルを通り、顔の表面に出るのですが、
このトンネルの中で神経が圧迫されて起こりやすいです。
ほかに神経が顔の表面に出た場所では末梢性顔面神経麻痺と言います。

 

症状としては、、、

・左か右のどちらかの表情筋の動きが悪くなる
・目尻が下がる
・口角が下がる
・おでこのシワがよらない
・ほうれい線が薄くなる
・ヨダレが垂れる
・飲食物がこぼれる
・不全麻痺または完全麻痺
・24時間以内に症状が起こる
・ベル麻痺の予後は比較的良好

 

顔面神経麻痺の主な分類

 

①ベル麻痺~単純性ヘルペスウイルスから起こるもので、顔面麻痺全体の70%
②ラムゼイ・ハント症候群~水痘帯状疱疹から起こるもので、顔面麻痺全体の10%を占めます

 

顔面神経麻痺でも末梢性におこっているものには保存治療が有効的です。

 

元氣整骨鍼灸院では院長の無痛調整治療、鍼灸治療、特殊電気など

豊富な実費治療があります。

顔、頭の症状もお気軽にご相談下さい。

 「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

 

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

三叉神経痛 ~ 広島 安芸郡 海田  自律神経

よく顔や頭の痛みを表現するのに「顔面神経痛」という言葉がありますが、
医学的な表現では正しくは「三叉神経痛」といいます。

 

というのも、顔や頭の筋肉の運動を主に司るのは顔面神経ですが、
知覚や感覚を司るのは主に三叉神経です。

 

痛みや感覚に関して言えばこの三叉神経が原因となって起こっている場合があります。

 

脳から出た一本の太い神経が途中で3本の枝に分かれ、
①前頭部~頭頂部、②耳~頬(上顎)、③耳~下顎に分布していることから
三叉神経と名前がついています。

 

また、同じような痛みの症状がでる病気としては、
・虫歯
・帯状疱疹
があります。

 

この場合は、元の原因の疾患の治療が大切です。

 

症状としては、、、

・顔に鋭い痛み、電撃のような痛み
・女性に多い(男性の2倍)
・中年~発症し、年齢とともに増加
・顔面の片側に起こる場合が多い
・痛みは数秒~数分で治まる
・外からの刺激、歯磨き、咀嚼、クーラーや冷風で痛む
・頬部と下顎の部分に多い

 

原因

三叉神経は脳から出たものが頭蓋骨の外に出て、顔や頭に分布しています。
特に脳から出る部分で頭の血管が当たることで症状が出ます。

 

治療

脳幹の出口に原因があるものは外科的手術をする場合もあります。
他の病気が原因として起こっているものに関してはその根本治療をします。

 

元氣鍼灸整骨院では院長による無痛矯正治療、鍼灸治療など
充実した実費治療もおこなっています。
痛みや症状でお悩みの方は是非ご相談ください。

 

 

 

 

 「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

鵞足炎 ~ 膝の痛み 安芸郡 海田 接骨院

前回、ランナーに多い疾患として、ランナー膝を紹介しました。

今回も膝に多いスポーツ障害として、鵞足炎を紹介します。

 

鵞足炎とは膝の内側の腱が集まっているところが反復動作でこすれて、
痛みが起こっている状態です。
鵞足滑液包炎とも呼ばれています。

 

どの腱が痛んでいるかというと、
膝の内側には骨盤からスタートした、

 

・半腱様筋
・薄筋
・縫工筋

 

の3つの筋肉が腱に移行して下腿の内側の脛骨にまとまってついています。

 

3つまとまってくっついている様子がガチョウの足に似ているので、
「鵞足」と名前がついています。

 

起こりやすいスポーツは、、、

 

・水泳(平泳ぎ)
・野球
・サッカー
・バスケットボール
・ラグビー
など

 

症状としては、、、

 

・反復動作で起こる、使いすぎ(オーバーユース)症候群
・膝の内側の少し下にある脛骨内側が痛む
・スポーツの後に痛みが出る
・運動不足の人がいきなりスポーツを始めた場合にでやすい
・膝を完全に伸ばすことができない

 

膝に外反力が加わったり、下腿が外側に捻られる動きである外旋力が
加わったときに痛めやすいです。
また、骨格の問題で、X脚や回内足である人にも起こりやすいです。

 

治療としては保存療法が基本となります。

 

・炎症がある場合はアイシング
・テーピング
・ハムストリングスの緊張をとる
・骨格からくるものに関しては、足底板をいれる
など

 

元氣鍼灸整骨院では、鍼灸治療、院長の無痛調整、特殊電気治療器など、

多くの治療メニューでスポーツ障害の患者さんが来院されています。

スポーツ障害でお悩みの方は是非ご相談ください。

 

 

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

 

広島・安芸郡 交通事故専門整骨院 元氣整骨鍼灸院