足がつる:こむら返り   ~ 足の痛み ふくらはぎ 冷え

寒くなってきましたが、最近、「ゆうべ足がつった」とおっしゃる患者さんが増えてきています。

ふくらはぎに起こることが多く「こむら返り」とも呼ばれますが、誰でも一度は経験があるのではないでしょうか。

ひとえに足がつると言いますが、起こっていることは筋肉の痙攣(けいれん)です。

痙攣が起こるメカニズムはまだ不明なところも多いのですが、

体内の電解質(ナトリウム、カリウム、カルシウムなど)のバランスが崩れる

腱紡錘(筋肉の張力を感知する器官)がうまく作動せず、筋肉を必要以上に収縮させる

などが発生機序としてわかってきています。

足がつる原因

メカニズムはいまだにはっきりしない部分もあるのですが、「こうなると足がつりやすい」というものは、いくつかあります。

大きく分けて、3つの原因を紹介します。

1.脱水

 

多量の発汗で脱水状態になると、

汗と一緒に電解質も失われ電解質のバランスが崩れて筋肉の痙攣を起こしやすくなります。

また、利尿薬などの影響で起こる事もあります。

人間は寝ている間にコップ一杯分の汗をかくと言われますので、

寝る前にその分(コップ一杯分の水)を飲んでおくと足がつる予防になります。

2.運動による疲れ

 

普段運動をしない人が久しぶりに運動をすると、筋肉の緊張が長時間続きます。

センサー(先に書いた腱紡錘)が常に刺激された状態となりセンサーが正常に働かなくなります。

その状態のときにふくらはぎに少し力がかかると、センサーが異常に反応し筋肉が痙攣し足がつることがあります。

準備運動、運動後のクールダウンを十分にすることで、足のつりを予防することができます。

3.冷え

 

 

冬場は、寒さにより足が冷えてしまいます。

足が冷えると筋肉が収縮して緊張状態になり、

急に足を伸ばそうとしてロックがかかる為、足がつることがあります。

特に寝ようとする時や熟睡中、目覚めた時に足がつるという方は、冷えが原因かもしれません。

夏場も、クーラーや扇風機などで寝ている間に身体を冷やすことで足がつる原因になります。

上記の理由なく頻繁に足がつるという場合は、何か疾患が隠れているかもしれません。

しびれ
麻痺
強いむくみ
多飲、多尿
歩行障害

これらの症状が併せて出ている場合は、すぐにご相談ください。

 

「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00