コンパートメント症候群 ~ 足 ふくらはぎ 内出血 痛み

交通事故や衝突の多いスポーツなどをすると、
打撲、挫傷、骨折、脱臼などから内出血がおこり、
そこの組織内圧(隔室内圧)が上がります。

 

そうなると、血行障害が起こり、筋肉や腱や神経が壊死してしまいます。

 

いったん組織が壊死してしまうと、機能障害が残ってしまうので、
早期の治療が重要です。

 

隔室内圧とは、骨、筋膜、骨間膜、筋間中隔により囲まれた空間を言います。

 

原因

 

①急性のもの 

 

交通事故、打撲、疾走などで
急性に起こり、進行性であり激痛です。

 

症状
・強い痛み
・痛みの増加
・眠れないくらいの痛み
・神経麻痺症状
・筋の機能障害

 

②慢性のもの

 

下腿外側、前脛骨筋に圧痛があります。
痛みは数分の安静で軽快するが、疲労の蓄積やスポーツなどで再発します。

 

症状
・発赤
・腫脹
・緊張感
・硬結
・自発痛
・特に夜間痛
・圧痛
・運動時の痛み
・神経が圧迫されて知覚障害
・動脈本幹は閉塞されないので、足部での脈は触れられる

 

治療としては、、、

 

早期治療が必要であるが、
特に急性に起こった場合は神経や筋に不可逆的な変化が
起こる前に、12時間以内の手術が必要となります。

慢性のものに関しては保存療法も治療の一環であります。

 

元氣整骨鍼灸院では院長の無痛調整治療、鍼灸治療、特殊電気など

豊富な実費治療があります。

顔、頭の症状もお気軽にご相談下さい。

 「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。 

 

 元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00