肘部管症候群 肘 手の痛み ~ 接骨院 鍼灸院

肘の内側から小指にかけての痛み、痺れの原因として肘部管症候群があります。

 

手を支配している神経で、尺骨神経があります。
この神経は、首から出て降りてくるときに肘の内側にある肘部管を
通り、小指の方に向かっていきます。

 

肘部管でなんらかの原因で尺骨神経の走行を妨げると、
小指の方に症状が出ます。

 

症状

・小指と薬指が痺れる
・感覚鈍麻
・小指側の筋肉の萎縮
・小指と環指の変形
・親指と小指をくっつける運動(対立運動)ができない
・指先の緻密運動が難しい

 

診断

①X線検査で肘関節の隙間が狭くなっている、また外反変形がある
②肘部管の場所を叩くと小指と環指がしびれる(チネルサイン)
③両手の母指と示指で紙をはさんで引っ張ると、紙が手から抜ける(フロマン徴候)

 

原因としては、、、

 

・骨棘ができる
・靭帯の肥厚
・ガングリオンや腫瘤
・スポーツで肘内側に負担がかかる
・外反肘で神経が引き伸ばされる
・加齢に伴う肘の変形
など

 

治療

 

症状の初期段階では保存療法をは行います。
患部の安静、マッサージ、電気治療や、薬物療法を行います。

また、ガングリオンや腫瘤が原因の場合は、その切除手術になります。
肘の外反変形が原因となっているものも、変形を矯正する手術になります。

 

 「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

顎関節症 顎の痛み ~ 接骨院 整骨院 治療院

20代から30代にかけて、若い女性に多い症状として、顎関節症があります。
症状は軽いものから、ずっと痛みがあるなど重いものもあります。

 

・顎が痛む
・物を噛むと痛い
・口の開け閉めで音が鳴る
・口を大きく開けない
・噛み合わせがむずかしい

 

これらは顎に起こっている症状ですが、
目や耳など他の場所にも症状がでることもあるので、注意が必要です。

 

・頭痛
・首、肩の痛み
・耳が痛い
・耳がつまった感じがする
・難聴
・めまい
・ふらつき
・眼精疲労

 

顎関節症とはどこに原因があるかで1~5までのタイプに分類されます。

 

Ⅰ型 咀嚼筋
Ⅱ型 関節包・靭帯
Ⅲ型 関節円盤
Ⅳ型 変形性関節症
Ⅴ型 Ⅰ~Ⅳ以外のもの

 

原因としては、、、

 

・悪い姿勢
・食のかたより
・不規則な生活
・ストレス
・片方に食べ物を寄せて噛む癖
・噛みあわせの悪さ
・歯を食いしばることが多い
などさまざまです。

 

 「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00