突き指 指の痛み 手の痛み ~ 接骨院 整骨院 鍼灸院

スポーツをしていてよく起こる怪我として、突き指があります。

 

指には俗に言われている、遠い指から、
第一関節(DIP関節)、第二関節(PIP関節)、手の根元のMP関節
があります。

怪我で多いのは一番遠くにあるDIP関節です。

 

指を突いたときにどの場所を傷めるかで、軽度か重度、治療法、治療期間がいろいろ変わります。

 

次のようなことが指先で起こっている可能性があります。

 

・関節で捻挫が起こる
・関節の周りを固定している靱帯を傷める
・骨折が起こる
・関節が脱臼している

 

単なる突き指だから放っていればじきに治るだろう、と判断するのは、
症状を長引かせる可能性もあり、後遺症が残ることも考えられます。

 

受傷後はついつい突いているものなので、指を引っ張ってしまいがちですが、
炎症がひどくなる可能性が高いので行ってはいけません。

 

突き指の治療では応急処置をいかに早く行えるかが大切です。
まずは炎症を最小限に抑えるために、アイシングをします。

 

応急処置で基本的なRICEの処置をします。

 

頭文字から、、、

R = Rest(安静)
I = Ice(アイシング)
C = Compression(圧迫)
E = Elevation(挙上)

 

今すぐ病院へ行くべきケースとしては、、、

・関節がぐらつく
・腫れが強い
・指が変形している
・指が動かない
・時間が経っても症状が変わらない

 

検査は、X線撮影を行って、骨の状態を確認します。

 

 

 「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

 

広島・安芸郡 交通事故専門整骨院 元氣整骨鍼灸院

患者様が実際に治療を受けられて、症状の改善が見られた例を紹介します!(^^)! ーS.Hさんの場合

海田町在住 S.Hさん 30代女性
 

 S.Hさんは、数日前から頭痛首の痛みがひどくなり来院されました。
 特に左側の後頭部は、ドクドクと2分おきに来る脈打つような痛みに苦しめられていました。
 診察で、少し首の骨の位置が歪んで神経の圧迫が見られたため、無痛矯正の施術を受けられました。
 一回の施術でひどかった頭痛は消失し、治療後は視界がおどろくほど明るくなったそうです。
 そのあと電気治療とマッサージを受けられ、首の痛みも少し緩和されました。
 もちろん一度の治療では、今現れている症状は一時的に収まってもなかなか根本的な改善にはならないとお話したら、続ける事の大事さを理解していただけたようで、「来てよかった、これからも通います」と笑顔で帰っていかれました。

 定期的に無痛矯正を受けられているお陰で、時々現れる症状も緩やかになって以前のように痛みに悩むことも少なくなったそうです(^^)

 
 

「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

 

広島・安芸郡 交通事故専門整骨院 元氣整骨鍼灸院

 

 

シンディング・ラールセン・ヨハンソン病 膝の痛み ~ 接骨院 鍼灸院

10代前半の男の子に多い膝前面の痛みを引き起こすものとして、
シンディング・ラールセン・ヨハンソン病があります。

 

この症状はスポーツなどで、膝を反復的に使うことで、
膝のお皿(膝蓋骨)の前下端の軟骨が障害され、痛みを生じます。

 

オスグットシュラッター病やジャンパー膝と近い場所が障害されるので、
鑑別が必要となります。

 

症状は、、、

 

・膝蓋骨下端の圧痛、腫脹
・運動後の痛み
・膝の屈伸時痛
・膝蓋骨の下端の石灰化
・10代前半の男の子に多い
・予後は良好で、再発は少ない

 

膝関節の屈曲、伸展での負担がかかる場所で発症するものが変わってきます。

 

膝蓋骨下端の骨に起こるとシンディング ・ラーセン・ヨハンソン病
膝蓋靭帯に起こるとジャンパー膝
脛骨上部の骨に起こるとオスグッド病

 

診断にはX線を用います。
膝蓋骨下端に石灰化像が見られます。

 

治療としては保存療法がメインとなります。
運動を制限し、患部を安静に保ちます。
患部に関係する周囲の組織の柔軟性をあげます。
炎症が起こっている場合にはアイシングで患部を冷やします。
固定する場合はテーピング、サポーターを用います。

 

 「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

 

広島・安芸郡 交通事故専門整骨院 元氣整骨鍼灸院

患者様が実際に治療を受けられて、症状の改善が見られた例を紹介します!(^^)! ーM.Iさんの場合 ~顔面神経麻痺~


海田町在住 M.Iさん 68歳女性 

 M.Iさんは顔面神経麻痺首の痛みで来院されました。
 顔面神経麻痺は右側の口と、同じく右側の目の周辺に出ていて、注視すれば明らかにピクピクと痙攣しているのがわかるほどでした
 
 来院初日に首に無痛矯正を受けられ、完全ではないものの、一度で痙攣はほとんど収まり、首の痛みもだいぶ楽になったそうです。
 その後週に二回のペースで来院され、症状が安定してこられました。
 首の骨のズレを矯正することで顔面神経麻痺の症状が収まるとは聞いたことがないと、本当にびっくりされておられました。

 いまではほとんど麻痺が出ることはなく、体のメンテナンスのために、引き続き定期的に来院され無痛矯正治療を受けられています。 
 
 

「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

 

広島・安芸郡 交通事故専門整骨院 元氣整骨鍼灸院

 

 

患者様が実際に治療を受けられて、症状の改善が見られた例を紹介します!(^^)! ーY.Yさんの場合~交通事後治療~

安芸区在住 Y.Yさん 34歳女性 

 

 Y.Yさんは昨年末交通事故に遭われ、それ以来治療のために当院に通われています。

 最初は首から左側の肩甲間部の痛みが顕著で、手をあげようとするたびに痺れとも痛みともつかない感覚に襲われていました。
 その他、不眠、眩暈、吐き気などの症状も出始め、特殊電気とマッサージ、院長の無痛矯正が主な治療内容でしたが、一ヶ月続けてもなかなか改善が見られませんでした。
 ある日Y.Yさんのマッサージに入ったスタッフが、「ここでは事故の治療に鍼を取り入れているから、怖くないようなら、やってみませんか」と鍼灸治療を勧めました。
 最初は鍼治療に恐怖感を持たれていたY.Yさんでしたが、ほとんど痛みのない施術に安心されたのか、無痛矯正と鍼を交互に受けることになりました。

 事故から4ヶ月たった今、痛みはほとんどなくなり、だいぶ日常生活への影響がなくなったと仰っていましたが、雨の降る前日などはやはり重怠い痛みが出るらしく、辛い思いをされています。
 一度お仕事の関係で少し来院の間隔が空いた時、最初の頃に逆戻りしたような痛みが出たそうで、現在は週3回以上通うようにしていただいています。

 交通事故後の症状は後々まで残る場合が多いので、早期の治療開始と可能な限り間隔を詰めて通っていただくのが大切です。

「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

 

広島・安芸郡 交通事故専門整骨院 元氣整骨鍼灸院

 

フライバーグ病 第2ケーラー病 ~ 安芸郡 海田 整骨院 治療院

前回は第1ケーラー病を紹介しました。

今回は第2ケーラー病、別名・フライバーグ病を紹介します。

 

成長期の女性に起こりやすい、足の痛みに第2ケーラー病(フライバーグ病)があります。
歩行時の痛みがあり、腫れ、痛み、関節の変形がおこります。
はっきりとした原因は不明です。

 

しかし、サイズの合わない靴を履くことで、
骨への血行が悪くなり起こると考えられています。

 

症状・特徴

 

・10代の成長期の女性に多い
・歩行時痛がある
・足の人差し指、中指に多い
・中足骨骨頭部への血行不良によりおこる
・リウマチ、中足骨疲労骨折との鑑別が大切

 

診断にはレントゲンが一般的です。

 

治療としては、、、

 

いかに早い段階での治療で悪化を最小限に抑えれるかが重要です。

関節の変形が起こり、痛みが残りやすいので注意が必要です。

 

患部に負担がかかる歩行や運動をなるべく控えます。
初期症状の時期には一般的に足底挿板を用いて、特に横アーチをサポートします。
また、ギブスで固定し、中足骨への加重負担を減らします。

 

症状が進んだ状態で、痛み・変形がみられる場合は手術の適応となります。

「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

 

広島・安芸郡 交通事故専門整骨院 元氣整骨鍼灸院

 

患者様が実際に治療を受けられて、症状の改善が見られた例を紹介します!(^^)! ーM.Uさんの場合 ~交通事故治療

安芸区在住 M.Uさん 16歳女性 

 

 M.Uさんは高校一年の女子高生です。..

 六ヶ月前両親と車で出かけた際、後ろから追突される事故に遭い、それ以来首と腰の治療のため通院されていました。

 初めて治療を受けに来られたときは、「事故にあってからなんだか体が重いなあ」程度に感じていたそうですが、日を追うごとに頭痛や吐き気、手のしびれなどを自覚するようになったそうです。
 事故による頚椎と腰椎の捻挫が主な原因だったことに加え、それ以降も変わらず毎日教科書やノートの類をひとつのカバンに詰め込んで持ち歩いていたことも、症状の悪化する追加要素のひとつになっていたのだと思われます。
 学生生活の負担はなかなか避けることができないので、それ以外の日常生活における、首、肩、上肢の使い方、毎日のアフターケアを指導しつつの六ヶ月の治療期間を送りました。

 先日保険会社からそろそろ治療の終了をと告げられたM.Uさんですが、通い始めの頃の首肩の硬さはすっかりとれ、手のしびれもほとんどなくなったそうです。
 最後の方では、仲良くなった私達スタッフを学祭に招待までしてくれました(笑)

 16歳というまだまだ楽しいばかりの時期に、事故の後遺症という災難で高校生活に影を落とさずに済んで、本当に良かったと思います(^^)

 

「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

 

広島・安芸郡 交通事故専門整骨院 元氣整骨鍼灸院