ベーカー嚢腫 ~ 膝裏の痛み 広島 安芸郡 整骨院

関節の周りは筋肉が腱に移行していて、運動をしたときに腱や靭帯がすれて
炎症を起こさないように滑液包というクッション材が入っています。

 

特に膝では膝の後ろにたくさん分布しています。

 

スポーツなどでくりかえしそこに負担がかかると、
滑液包が炎症を起こして、中に入っている滑液が増えた状態がベーカー嚢腫といいます。

 

特徴としては、、、

 

・膝の裏にゴルフボール小の腫れができる
・痛みは少ないが、膝を曲げる動作がむずかしい
・50歳代の女性に多くみられる
・特に内側腓腹筋滑液包と半腱様半膜様筋滑液包が腫れやすい

 

まだその腫れが小さい場合はほっておいても良い経過をたどることがありますが、
中の滑液が多くなってくると、痛みがひどくなったり、
膝の曲げ伸ばしが難しくなってきます。

 

それが周りの血管を圧迫して静脈炎を起こすことがありますので
注意が必要です。

 

保存療法で経過がよくない場合は注射器で滑液を抜きます。
また、靴の中にインソールを入れ、膝にかかる負担を減らすこともあります。

 

膝周りの痛み症状は是非当院にご相談ください。

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

 

広島・安芸郡 交通事故専門整骨院 元氣整骨鍼灸院