脊椎すべり症 ~ 腰・足の痛み 安芸郡海田町 接骨院

前回は「脊椎分離症」についてのお話でした。
今回は分離症と併発しやすい「すべり症」についてお話します。

 

椎骨という臼状の骨が腰から首にかけて重なって、
脊柱(背骨)を作っています。

 

ちなみに脊柱は、上から
頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個となります。
腰椎の下は仙骨がついています。

 

すべり症とは、、、

 

椎骨と椎骨の間が前後にずれている状態で、2種類に分類されます

 

①分離すべり症・・・前回に紹介した脊椎分離症から併発したもの(第5腰椎に多い)

 

②変性すべり症・・・脊椎分離症は起こっていないが、ずれているもの(第4腰椎に多い)

 

①の分離すべり症は、椎骨自体が骨折して、土台としての安定性が少なく
なっている状態です。

 

初めは分離症だけの症状で治まっていたものが、さらに状態が悪くなって
分離すべり症になる場合があります。

 

それにより、上に乗っかっている椎骨との関節面のバランスが崩れて、
椎体の変形が起こり、ヘルニアや神経根症状などを併発する可能性が高くなります。

 

②の変性すべり症は、分離症は起こっていないけど、椎骨と椎骨の間の
クッション材である椎間板が変性しておこるものが多いです。

 

椎骨の中の神経が通るトンネルである脊柱管が狭くなって
しまう現象=「腰部脊柱管狭窄症」がおこります。

 

症状は歩いても足が重たく上がらなくなって、しばらく休むとまた歩ける、、、
これを繰り返す間欠性跛行や、
お尻のしびれ、足の痛み、脱力感、筋力低下などがあります。

 

50~60才から女性に起こりやすく、閉経に伴う
女性ホルモンの影響や、骨粗しょう症で骨密度が低くなってくると、
骨の変性がおこりやすくなってきます。

 

スポーツから起こるものや、年齢的も発症の要因となりますので、

しっかり身体のケアをしましょう。

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

 

広島・安芸郡 交通事故専門整骨院 元氣整骨鍼灸院

脊椎分離症 ~ 安芸郡海田 接骨院 患者N君

脊椎分離症で来院している高校生のN君のお話です。

 

N君はサッカーの練習で腰に脊椎分離症が起こりました。

 

 
症状が起こってから3カ月は経っていましたが、
腰の痛みがまだ残るみたいで、
サッカーをする時の痛みと、学校で椅子に座っているときの
違和感がありました。

 

脊椎分離症とは、、、

 

発生機序は、

 

成長期のスポーツや部活で、激しい動きや反復する動きが
腰に加わると、腰椎の後ろの部分が骨折します。

 

腰椎の後ろの部分が骨折しているので、捻る動作や腰を反らせる動作で
痛みが増強することが多いです。

 

症状としては、

 

腰の痛みや、殿部や太ももの痛みです。
慢性期に移行すると、痺れなどが出てくる場合もあります。
第5腰椎に発生することが多いです。

 

N君は骨盤が前傾していて、腰の反りが強い姿勢でした。
腰の反りが強くなると、背筋が縮んだ状態になり、
その状態だと腰椎に負担が大きくかかります。

 

その状態で部活を続けたので、疲労骨折を起こした可能性が高かったです。

 

当院で、特殊電気、骨盤矯正をして、
治療当初は腰を伸ばすのもつらい状態だったのですが、
終わったときはだいぶんまっすぐ背中を伸ばせるようになり、歩きも楽になったとのこと。

 

脊椎分離症は痛みのないうちは保存療法が原則ですが、
部活が毎日あるような学生さんも身体に異常を感じたら、
こまめにメンテナンスをしましょう。

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

 

広島・安芸郡 交通事故専門整骨院 元氣整骨鍼灸院