なぜ、凝る??③

 

内臓や、心の問題を考えないとした場合、人の身体が凝ってしまう原因は何か?

それは筋肉が疲労したためです

寝ているときに、通常は筋肉は脱力した状態になっています。しかし、起きているときは体のさまざまの筋肉を使います。

 

それは運動やスポーツのようにわかりやすいものだけではありません。

 

たとえば、仕事などでパソコンを使う場合、両腕を前方にだしてキーボードを使います。

 

この状態は手を前に出し続けているので、

腕を支える肩周辺の筋肉はずっと緊張しています。img06.png

さらに、肩甲骨が前に出てしまうため背中や腰まで凝ってきます。

ですから、仕事で一日中パソコンを使う方に、肩こりや腰痛が多いのはそのためです。

他にも、いつも座るとき足を組んだり、横向きでテレビを見続けたり・・・

 

そうした体のクセが バランスの悪い筋肉の緊張を生み、凝って歪んだ状態になるわけです。

 

この状態を続けていると、筋肉のみならず関節などの動きも悪くなり骨格の歪みも出てきます。

 

 

また、無意識なのに常に体のどこかに力が入っている人がいますが、こういう人も凝りやすい人になっています。

気が付くと歯をグッとかみしめたり、力いっぱい車のハンドルやペンを握っていたりすることはありませんか?

 

これは脳がストレスを感じた時の対処法の一つで起こっています。

 

こういう人は、筋肉の疲労というより精神的な緊張が強いです。精神的なストレスを感じた時でも身体の筋肉は緊張してしまうわけです。

当院では姿勢分析「ボディーコンシェルジュ」を導入しており、こうした筋肉の緊張や体の癖が一目でわかるようになってます。

http://itsumo-genki.com/shisei.html

ご希望の方はお気軽にお申し付けください!!

 

なぜ、凝る??②

「氣」とはエネルギーであり、健康的な体には「氣」がうまく循環している。

というお話でした。

 

この「氣」は、生まれた時の先天的なもの、そして自然界や、食べ物から作られています。

そうしたすべてのエネルギーによって、人間は大自然に生かされていると考えられています。

だから、常に同じ状態ではなく、寒さや暑さ、その日食べたもの、心の状態などに影響され身体は日々変化し対応しています。

 

その「氣」が滞って流れなくなると凝りや痛みとしてあらわれたり、最終的に病となるのです。

滞ってしまう主な原因は3つあります。

 

①肉体に問題がある場合

たとえば関節にすき間がなく、詰まっている人。

それから骨格に歪みがある人などは、気の通り道である「経絡」がふさがれ流れが悪くなっています。

②内臓に問題がある場合

気の通り道である「経絡」にはそれぞれ名前があり、「胃経」「膀胱経」「肝経」のように、内臓と深く関係しています。

ですから、内臓に疾患があったり、食べ過ぎなどで内臓が疲れてしまうと、経絡の流れが悪くなって凝りが出たりします。

③心に問題がある場合

精神的なストレスでも「氣」の流れが悪くなります。たとえば日常で「あのひと気を遣いすぎだわ~」という人がたまにいると思いますが、

文字の通り「氣」を使いすぎた状態なので、体はエネルギー不足になります。このように心の状態が体にも影響します。

 

 

私たちが症状以外に食事や睡眠など日常生活のことや、過去の病気を聞いたりするのは、患者さんにこれらの問題があるかを知るためです。

来院の際はできるだけ詳しく症状を聞かせてくださいね!!

なぜ、凝る??

「筋肉が緊張すると凝る」

人はなぜ身体が凝ってしまうのでしょうか?

よく血流が悪いから凝ってしまうと思われる方が多いのですが確かにその通りです。

 

ですが、それ以上に循環していないといけないものがあります。

それは「」です。

 

東洋医学の考え方ですが、

この「氣」とは、目には見えないけど世の中のすべての物に存在するエネルギーのことです。

日常の言葉の中にもたくさん使われます。

「気を遣う」「気を張る」「気を配る」「気が滅入る」「勇気」「本気」など・・・

 

これはすべて人の身体を流れる「氣」というエネルギーのことを表しています。

よく漢方などでも「気・血・水」の流れ順調なら健康ですと言われますが、

東洋医学でその血や水(身体にある血液以外の水分のこと)もこの「気」が流れることですべて循環していくものとされています

つまり、全身の「氣の循環が良くなれば元の健康な身体に戻るということです」

これは以前にお伝えした自然治癒力の話と重なりますね?

「元々身体にある氣が滞りなく循環している」ということから

元の氣=「元氣」という言葉になったわけです。

 

鍼治療や指圧マッサージ治療は、体の氣エネルギーの流れを妨げている部分を取り除くことで、エネルギーが循環するので肩こりが楽になったり、気持ちが明るく元気になっていくわけです。

 

次回に続く・・・