「顔・頭」カテゴリーアーカイブ

顔面けいれん ~ 顔の痛み けいれん 痙攣 整骨院 鍼灸

顔面けいれんは正式には片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)と言い、
その名のとおり顔の片側の筋肉が自分の意志とは無関係に動く状態です。

何らかの原因で顔面神経が異常な刺激を受けることで顔面に痙攣が起こります。

 

 

40代以降の中高年齢層での発症率が高いですが、まれに小児での発生も報告されています。

顔面痙攣の主な原因は頭蓋内の血管による顔面神経の圧迫によるものです。

顔面神経は脳幹という脳の中心の部分から出てきています。
そして頭蓋骨内を通り分岐しそれぞれ各種コントロールしている部分
(顔の筋肉、顎の筋肉、涙腺、鼻の分泌など)に細い神経を出しています。

その顔面神経の根本の脳幹から出てきている部分に動脈がぶつかり、
血管の拍動と共に神経が刺激され顔面の筋肉が
不随意(無意識)に収縮して顔面のけいれんを起こすものになります。

さまざまな誘発原因があり、

人前の緊張

ストレス

疲れ

強い閉眼

などの顔面筋の運動などで出現しやすくなります。

症状としては、

初期症状としては目の周囲がピクピクと軽く痙攣する程度ですが、
次第に同じ側の頬、額、口、顎へと範囲が広がります。

さらに症状が進行したものだと、顔が引きつってゆがんだり、
片眼がギュッと閉じたままになったりする場合もあります。
また、耳鳴りがする場合もあります。

まぶたのピクピクとした痙攣や、痙攣で目が閉じてしまって開かなくなるといった症状などもあります。

重症になるとけいれんが持続し、目や口周囲のけいれんが同時に起こり、顔が歪むことがあります。
また、長期間、けいれんが続いていると、けいれんの無い時には顔面麻痺がみられることもあります。

治療方法としては、

飲み薬処方(鎮静薬や抗不安薬で、引き金となるストレスを抑える)

ボツリヌス毒素注射(筋肉を軽く麻痺させけいれんを抑える)

手術療法(顔面神経を圧迫している動脈を移動させる)

などがあります。

また、鍼治療も有効な場合があります。

 

 

元氣整骨鍼灸院では院長の無痛調整治療、鍼灸治療、特殊電気など

豊富な実費治療があります。

顔、頭の症状もお気軽にご相談下さい。

 「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

 

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

顔面神経麻痺 ~ 顔の痛み 頭の痛み 顔 症状

脳から出た顔面神経の働きが何かしらの原因で障害されたもので、
俗に「ベル麻痺」という名称がついています。

 

他に脳卒中、ライム病、ヘルペスなどの他の疾患から二次的に発症するものもあります。
これら以外のものは特発性におこるものであり、原因が特定されていません。

 

顔面神経は顔に分布している表情筋の動きを主に司っています。

 

・目を閉じる
・まばたき
・笑う
・眉を動かす
・涙を作る
・唾液を作る
・舌の前3分の2の味覚を感じる

などの働きをしています。

 

顔面神経は脳から出て頭蓋骨の細いトンネルを通り、顔の表面に出るのですが、
このトンネルの中で神経が圧迫されて起こりやすいです。
ほかに神経が顔の表面に出た場所では末梢性顔面神経麻痺と言います。

 

症状としては、、、

・左か右のどちらかの表情筋の動きが悪くなる
・目尻が下がる
・口角が下がる
・おでこのシワがよらない
・ほうれい線が薄くなる
・ヨダレが垂れる
・飲食物がこぼれる
・不全麻痺または完全麻痺
・24時間以内に症状が起こる
・ベル麻痺の予後は比較的良好

 

顔面神経麻痺の主な分類

 

①ベル麻痺~単純性ヘルペスウイルスから起こるもので、顔面麻痺全体の70%
②ラムゼイ・ハント症候群~水痘帯状疱疹から起こるもので、顔面麻痺全体の10%を占めます

 

顔面神経麻痺でも末梢性におこっているものには保存治療が有効的です。

 

元氣整骨鍼灸院では院長の無痛調整治療、鍼灸治療、特殊電気など

豊富な実費治療があります。

顔、頭の症状もお気軽にご相談下さい。

 「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

 

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

三叉神経痛 ~ 広島 安芸郡 海田  自律神経

よく顔や頭の痛みを表現するのに「顔面神経痛」という言葉がありますが、
医学的な表現では正しくは「三叉神経痛」といいます。

 

というのも、顔や頭の筋肉の運動を主に司るのは顔面神経ですが、
知覚や感覚を司るのは主に三叉神経です。

 

痛みや感覚に関して言えばこの三叉神経が原因となって起こっている場合があります。

 

脳から出た一本の太い神経が途中で3本の枝に分かれ、
①前頭部~頭頂部、②耳~頬(上顎)、③耳~下顎に分布していることから
三叉神経と名前がついています。

 

また、同じような痛みの症状がでる病気としては、
・虫歯
・帯状疱疹
があります。

 

この場合は、元の原因の疾患の治療が大切です。

 

症状としては、、、

・顔に鋭い痛み、電撃のような痛み
・女性に多い(男性の2倍)
・中年~発症し、年齢とともに増加
・顔面の片側に起こる場合が多い
・痛みは数秒~数分で治まる
・外からの刺激、歯磨き、咀嚼、クーラーや冷風で痛む
・頬部と下顎の部分に多い

 

原因

三叉神経は脳から出たものが頭蓋骨の外に出て、顔や頭に分布しています。
特に脳から出る部分で頭の血管が当たることで症状が出ます。

 

治療

脳幹の出口に原因があるものは外科的手術をする場合もあります。
他の病気が原因として起こっているものに関してはその根本治療をします。

 

元氣鍼灸整骨院では院長による無痛矯正治療、鍼灸治療など
充実した実費治療もおこなっています。
痛みや症状でお悩みの方は是非ご相談ください。

 

 

 

 

 「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

頚肋症候群 ~手の痛み 海田 接骨院

頚肋とは、本来12対である肋骨に加わるもう1つの肋骨の事です。

通常ですと、肋骨は第七頸椎の次に繋がっている第一胸椎の関節部分から始まり、通常頸椎にはありません。

しかし、まれながら(0.5%)第七頸椎、時には第六頸椎からもう1本の肋骨が発生していることがあります。

肋骨の名残と言ったほうがわかりやすいかもしれませんね。

この飛び出した骨をを頚肋と呼びます。

この頚肋が、鎖骨下動脈や静脈、腕部神経叢を圧迫して様々な症状が出たものを、総称して頚肋症候群と呼びます。

症状

前腕から手にかけての小指側に沿った感覚障害がみられます。(しびれ感 ビリビリ感 ときには刺すような痛み)

また、手の握力低下と細かい動作がしにくいなどの運動障害も起こる場合があります。

手指の運動障害や握力低下のある例では、手のひらの小指側の筋(小指球筋)などの萎縮が見られます。

血流の低下により、小指側の皮膚が白くなる場合もあります。

これらの症状は、腕神経叢の枝である尺骨神経麻痺の障害によるものになります。

 

治療

症状が軽いときは、保存療法になります。

僧帽筋や肩甲挙筋の強化運動訓練を行なわせ、安静時も肩を少しすくめたような肢位をとるようにし、神経や血管への圧迫がかからないようにします。

また、重量物を持ち上げるような運動や労働を避けるようにします。

症状が強い時には、手術で頚肋およびその先端から伸びる索状物を切除する場合もあります。

「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

 

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

くも膜下出血 ~ 頭の痛み 整骨院 海田

脳は、外部からの衝撃を守るため、外側から順に

硬膜
くも膜
軟膜

の3枚の膜でおおわれています。

くも膜と軟膜の間はくも膜下腔と呼ばれる空間になっていて、そこは脳脊髄液という液体で満たされています。

この部分に出血するのがくも膜下出血です。

働き盛りの人に起こり、死亡率も高い病気です。

原因

いちばん多いのは、脳の動脈が瘤(こぶ)のようにふくれてそれが破裂する、
脳動脈瘤破裂の破裂です。(約80%)(40~50代に多い)

他に原因として、脳動脈奇形からの出血(若年者(30歳代)が多い)
頭部外傷に起因するものもあります。

 

 

症状

典型的な症状として、

①突然起こる 

②今まで経験したことがない強烈な痛み(バットで殴られたような、と表現するかたが多い)が起こります。

大部分が吐き気や嘔吐を伴い、意識が朦朧(もうろう)とする、意識を失うといった症状を起こすこともあります。

特に ①の突然起こるというのは重要で、

患者さんは、「何時何分何秒に」とか「○○をしようとした時に」など、その瞬間を自覚されておられることが多いです。

出血の程度にもよりますが、約30%の人が初回破裂で死亡するといわれています。

一方、くも膜下出血の発症前に、前駆症状として、突然の頭痛を何回か経験する場合があります。
ズキズキする頭痛で吐き気を伴うことが多く、1~2日持続し、本人にとっては非日常的な頭痛であっても、最終的には見逃される場合があります。

これは動脈瘤からの微小な出血による頭痛と考えられており、危険なサインです。

治療

治療は再出血を防いで、それ以上の悪化を食い止め、脳の環境を改善させます。

その結果、軽症・中等症であれば元の生活に戻ったり、軽い障害があっても自立した生活を送れるようになるまで回復する患者さんは約8割です。

しかし重症な患者さんでは約4割、特に重症な患者さんでは2割以下まで回復する確率が下がります。
全体の死亡率は15%程度です。

 

 

 

 

「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。 

 

 元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

椎骨動脈解離 ~ 広島 安芸郡 海田町 首の痛み

椎骨動脈解離とは、何らかの理由で椎骨動脈の壁が破れてしまい、血流が妨げられてしまう病気です。

脳へ送られる血液は、「内頸動脈」と「椎骨動脈」の2対の大きな血管を通って運ばれます。

このうち「内頸動脈」は心臓から出る血液を首の前側に沿って運びます。

一方、「椎骨動脈」は首の後側、頸椎の横突孔という細い穴を通り、血液を脳へ運びます。

 

 

動脈の壁は内側から内膜、中膜、外膜の三層構造をしています。
このうち一番内側の内膜に傷がついて、そこから血管の壁の中に血液が入り込み、
血管が裂けていく状態を動脈解離といいます。

動脈解離は全身の動脈に起こりますが、頭部ではこの椎骨動脈の解離が最も多く、
椎骨動脈が解離すると突然の激しい頭痛(後頭部の痛み)を起こします。
重症例になると、くも膜下出血を引き起こし生命に危険をきたす場合もあります。

発症の平均年齢は40歳代で、男性に多く見られるといった特徴があります。

発症原因

外傷によるものが多いです。
・交通事故
・ゴルフのスイング
・バレーボールでのスパイク
・肩車の子どもを降ろそうとした時
・カイロプラクティックによる頸部の過度な捻転

また、まれながら日常生活でも発症することがあります。
・くしゃみや咳をした瞬間
・急激な血圧の上昇

なども発症する要因の1つといわれています。

 

治療

 

基本的に経過観察で、動脈の解離だけの場合約1か月間安静にし、血管の裂け目が固まるのを待ちます。
痛みがある場合、痛み止めの注射をします。

安静にしている(身体を動かさない)ことで血栓ができる可能性があるので、それに注意します。
(抗血栓剤、足部のマッサージなどで対応)

裂けたところがコブ(動脈瘤)になった場合、MRI検査等で破裂の危険性を調べます。
破裂の危険がある動脈瘤の治療法として、カテ-テルからコイルを送って動脈瘤の内部を充填する血管内治療があります。

元氣鍼灸整骨院では院長による無痛矯正治療、鍼灸治療など
充実した実費治療もおこなっています。
痛みや症状でお悩みの方は是非ご相談ください。

 

 

 

  「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

コンパートメント症候群 ~ 足 ふくらはぎ 内出血 痛み

交通事故や衝突の多いスポーツなどをすると、
打撲、挫傷、骨折、脱臼などから内出血がおこり、
そこの組織内圧(隔室内圧)が上がります。

 

そうなると、血行障害が起こり、筋肉や腱や神経が壊死してしまいます。

 

いったん組織が壊死してしまうと、機能障害が残ってしまうので、
早期の治療が重要です。

 

隔室内圧とは、骨、筋膜、骨間膜、筋間中隔により囲まれた空間を言います。

 

原因

 

①急性のもの 

 

交通事故、打撲、疾走などで
急性に起こり、進行性であり激痛です。

 

症状
・強い痛み
・痛みの増加
・眠れないくらいの痛み
・神経麻痺症状
・筋の機能障害

 

②慢性のもの

 

下腿外側、前脛骨筋に圧痛があります。
痛みは数分の安静で軽快するが、疲労の蓄積やスポーツなどで再発します。

 

症状
・発赤
・腫脹
・緊張感
・硬結
・自発痛
・特に夜間痛
・圧痛
・運動時の痛み
・神経が圧迫されて知覚障害
・動脈本幹は閉塞されないので、足部での脈は触れられる

 

治療としては、、、

 

早期治療が必要であるが、
特に急性に起こった場合は神経や筋に不可逆的な変化が
起こる前に、12時間以内の手術が必要となります。

慢性のものに関しては保存療法も治療の一環であります。

 

元氣整骨鍼灸院では院長の無痛調整治療、鍼灸治療、特殊電気など

豊富な実費治療があります。

顔、頭の症状もお気軽にご相談下さい。

 「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。 

 

 元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00