「手・腕」カテゴリーアーカイブ

ゴルフ肘 上腕骨内側上顆炎 安芸郡 患者さんWさん

一般的にゴルフというスポーツは、、

①コンタクトスポーツ(身体がぶつかったり、大きな衝撃が外部からかかるスポーツ)
ではないので、外傷は少ないです

②障害としては、スウィングでの肋間筋などの反復収縮による肋骨骨折、
上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)、
肩・手関節痛、
クラブを握ることによるバネ指、
体軸を捻る動作でスウィングするための腰痛
などがあります。

以前に紹介したテニス肘より起こることは低いです。

物を持ち上げたり、ドアのノブを捻るときや、
手に力を入れるときに痛みが強くなります。

腕を反復的に使うことから、屈筋群
(簡単に言うと、腕の中で太陽に焼けにくい方です)
の筋肉を痛めて、筋肉もしくは腱の線維が小さく傷つき、
そこに痛みが出るようになります。

肘に近い場所が痛むことが多いです。

特に内側上顆(屈筋群の筋肉が骨にくっついているところ)
へのストレスが続くと内側上顆周りの骨が肥大したり、
滑液包炎がおこったり、治療が長引く場合があります。

反復動作が多いスポーツなどで痛みが出た場合、
早めの処置をしましょう。

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

 

広島・安芸郡 交通事故専門整骨院 元氣整骨鍼灸院

手根管症候群 ~ 手の痛み 海田町 整骨院

手の平の痛みや痺れの原因として、手根管症候群があります。
これは、首から手にかけて降りてきている正中神経がしめつけられて
おこることが多いです。
場所は手のひら側にある手首の手根管というトンネルの中で圧迫されることが多いです。
女性に多くみられる症状です。

症状としては、、、

・人差し指、中指、薬指の半分、親指のしびれ、痛み
・親指の付け根の筋肉(母指球)の低下
・明け方に痛む
・手のこわばり感
・OKが指でつくれない
・指先の作業が難しい
など
原因は特発性に起こり、原因不明とされていますが、
次のケースで出現が多くなります。
・更年期の女性
・手、指の使い過ぎ
・手首周りのケガや骨折の後遺症
・妊娠、出産のホルモンバランスの崩れ
・透析でのアミロイドの沈着
など

診断の方法は、

①チネルサイン
手根管がある場所を打腱器などでたたくと、痛み、しびれが指先に放散します。

②ファレンテスト
左右の手首を直角に曲げて、左右の甲と甲をくっつけます。
しばらく置いて、1分間以内にしびれ、痛みが出るかどうかみます。

③母指球の筋力低下や筋萎縮があるかを確認します。

④原因として腫瘤が疑われるものでは、MRIなどの検査をします。
治療としては、、、

保存療法として、まず患部を安静に保ちます。
手根管まわりの軟部組織の柔軟性をあげます。
頸椎症も合併している場合はその局所の治療も必要となります。

投薬として、消炎鎮痛剤やビタミン剤などや、塗布薬、
また腱鞘炎を治めるために手根管内に注射などをします。

症状が重度のものは手術が必要になります。

「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

関節リウマチ その② ~ 首 肩 肘 手関節 指

リウマチには全身に起こる症状と、関節に起こる症状があります。

 

全身に起こる症状

 

 

微熱がある、だるい、疲れやすい、口の渇き、
食欲が減った、貧血、体重減少などの症状が起こります。

 

他にも皮下結節、潰瘍の形成、筋肉の萎縮、多発性神経炎などがあります。

 

部位別に起こる可能性のある疾患もあります。

 

①目   ~ 強膜炎、上強膜炎、シェーグレン症候群
②心臓  ~ 心筋炎、心嚢炎
③肺   ~ 肺線維症、胸膜炎、結節
④腎臓  ~ アミロイドーシス
⑤甲状腺 ~ 甲状腺腫

 

関節に起こる症状

 



・朝のこわばり
・関節炎:左右対称に起こる
・関節水腫
・腱鞘炎
・滑液包炎
・リウマチ:外反母趾、手の尺側変形
・リウマトイド結節 :肘、後頭部、臀部など

 

関節リウマチの後療法は、保存療法と運動療法です。

 

関節を温めて循環をよくする、周りの組織の柔軟性を高めて、痛みを緩和するなど。
また、軽めの運動をして全身を動かすことと、痛みのある関節の運動性を高める
ことも重要です。

 

ただし、痛みが強い場合は無理をしないことが大切です。

 「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

 

広島・安芸郡 交通事故専門整骨院 元氣整骨鍼灸院

関節リウマチ その① ~ 手 腕 関節 痛み 

関節リウマチとは、自己免疫疾患であり、

手足の関節に炎症が起こり、関節の破壊が進む病気です。

 

 

全身の倦怠感、熱っぽい、食欲がなくなるなどの症状が続いたり、
関節だけでなく、全身に症状が広がる可能性もあります。

 

人間の身体には外部から侵入する細菌やウイルスなどから身体を守る細胞があります。
しかし、その細胞の異常行動で自分自身の身体を攻撃してしまい、
関節や組織を破壊してしまうのが自己免疫疾患です。

 

下のものが因子と言われています。

 

・喫煙
・ストレス
・感染症
・過労
・出産
など

 

ちなみに遺伝性はないと言われています。

 

特徴としては、、、

 

・女性に起こりやすい病気
・30~50才に多い
・女性は男性の5~6倍多い

 

特徴として、以下の症状が当てはまります。

 

・明け方に関節がこわばり、動きが悪い状態が1時間以上続く
・同じ左右の関節が痛む
・関節が3つ以上炎症を起こしている
・手の関節に骨の変形がみられる
・特に手の第2関節(PIP)が痛む
・リウマトイド結節が肘、膝にできる
・血液検査でリウマトイド因子が陽性

 

 「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

 

広島・安芸郡 交通事故専門整骨院 元氣整骨鍼灸院

腱鞘炎 その② ~ 安芸郡海田 鍼灸・整骨院

前回の①に引き続き、腱鞘炎について説明します。

 

腱鞘炎の状態とは、、、

 

反復動作や手の使い過ぎで、腱と腱鞘の間がすれて炎症が起こっている
状態です。

 

どのような人に起こりやすいかというと、

 

・男性に比べ女性の方が多い(特に中年以降)
 女性では特に閉経でホルモンバランスが崩れたときなど

 

・筋肉量が少ない人

 

・手作業の多い職業

 

・画家

 

・ピアニスト

 

・ギタリスト

 

・姿勢の悪い人

 

治療法としては、、、

 

①保存療法(患部を安静に保って回復を待つ)
②薬物療法(ステロイド、ロキソニンなど)
③手術で腱鞘を切開しひっかかりをとる

 

元氣鍼灸整骨院では①の保存療法をしています。

 
周辺の組織の緊張をとるだけでも、痛みの程度は改善してきます。

どうしても、日常の動作で手は使うものなので、
安静にしているつもりでも無意識で使っていることが多いです。

 

特に親指は手の指の中で、もっとも筋肉量が多く動かす機会が多い
筋肉なので、親指に起こった腱鞘炎は治るのに時間がかかることが多い傾向にあります。

 

元氣鍼灸整骨院では保険治療に加え、
無痛調整、鍼灸、特殊電気など、豊富な治療があります。

なかなか症状が改善せずに悩んでる方は是非ご相談ください。

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

 

広島・安芸郡 交通事故専門整骨院 元氣整骨鍼灸院

腱鞘炎 その① ~ 安芸郡海田 整骨院 接骨院

今回は手首や指の症状で多い腱鞘炎についてのお話です。

まずは腱鞘の構造から説明しましょう。

 

筋肉の多くはラグビーボールの」ような紡錘型をしています。

 

そのラグビーボールの一番太いところが筋肉の筋腹という部分です。

 

端っこにいくほど、細くなってヒモ状になっていきますが、
その細くなった部分が筋肉の腱という部分です。

 

骨にはこの腱が関節を動かす時に浮かび上がらないように固定するベルトが
ついています。これが、腱鞘といわれるものです。

 

腱鞘炎というのは、この腱鞘と腱の間に炎症が起こって、
腱鞘が貼れている状態です。

 

腱はこのベルトの中を通っているので、ベルトの穴が狭くなると、
腱は通りにくくなり、引っ掛かりやすくなります。

 

狭くなって起こっているので、「狭窄性腱鞘炎」といわれることが多いです。

 

なので、腱鞘のあるところ、全身におこる可能性があります。

 

多いのが、、、

 

①ばね指・弾発指・・・手の平側の腱に起こる

 

②ドケルバン氏病・・・手の親指に起こる

 

他にも、小指側に起こることもあります。

 

次回は症状について紹介します。

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

 

広島・安芸郡 交通事故専門整骨院 元氣整骨鍼灸院

頚肋症候群 ~手の痛み 海田 接骨院

頚肋とは、本来12対である肋骨に加わるもう1つの肋骨の事です。

通常ですと、肋骨は第七頸椎の次に繋がっている第一胸椎の関節部分から始まり、通常頸椎にはありません。

しかし、まれながら(0.5%)第七頸椎、時には第六頸椎からもう1本の肋骨が発生していることがあります。

肋骨の名残と言ったほうがわかりやすいかもしれませんね。

この飛び出した骨をを頚肋と呼びます。

この頚肋が、鎖骨下動脈や静脈、腕部神経叢を圧迫して様々な症状が出たものを、総称して頚肋症候群と呼びます。

症状

前腕から手にかけての小指側に沿った感覚障害がみられます。(しびれ感 ビリビリ感 ときには刺すような痛み)

また、手の握力低下と細かい動作がしにくいなどの運動障害も起こる場合があります。

手指の運動障害や握力低下のある例では、手のひらの小指側の筋(小指球筋)などの萎縮が見られます。

血流の低下により、小指側の皮膚が白くなる場合もあります。

これらの症状は、腕神経叢の枝である尺骨神経麻痺の障害によるものになります。

 

治療

症状が軽いときは、保存療法になります。

僧帽筋や肩甲挙筋の強化運動訓練を行なわせ、安静時も肩を少しすくめたような肢位をとるようにし、神経や血管への圧迫がかからないようにします。

また、重量物を持ち上げるような運動や労働を避けるようにします。

症状が強い時には、手術で頚肋およびその先端から伸びる索状物を切除する場合もあります。

「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

 

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

頚椎症 首 肩 腕 手 痛み 痺れ ~ 自律神経 広島 鍼灸院

頚椎症(頚部脊椎症)とは、頚椎の変形が原因で、
脊柱管や椎間孔の狭窄がおこり、症状がおこります。

 

症状の出方で2つ種類があります。

 

①頚椎症性脊髄症 ~ 脊髄症状が出る
②頚椎症性神経根症 ~ 神経根症状が出る

 

神経根症では片側に痛みやしびれなどの症状がでます。

 

脊髄症では手の痛みやしびれや運動障害が両側で出ます。
初期は片側だけ出るケースもあります。
また、下肢に症状が現れることもあり、歩行障害、便秘、排尿障害などの症状が出ます。

 

50歳台以後の中年~高齢の人に多く、加齢により増加する傾向があります。
痛みは明け方と夕方に出ることが多いです。

症状

 

・首、肩の筋肉の緊張
・痺れ
・圧痛
・頸部の前屈や後屈時に肩、上肢に放散痛
・脱力感
・こわばり
・知覚異常
・手の筋肉の萎縮
・冷感
・発汗異常
・手指の変形
など

 

検査

 

徒手検査では、
・スパーリングテスト 首を横に曲げ、頭部を圧迫した時に上腕に痛みが走る
・ジャクソンテスト 首を軽く後方へ曲げ、頭部を圧迫した時に上腕に痛みが走る
画像検査では、
X線撮影、MRIなどで診断します。

 

治療

 

保存療法では
首肩の筋肉の緊張を和らげます。
マッサージ、ストレッチ、温熱、頸椎牽引(けんいん)、電気治療など。

 

枕の高さは大切で、少し高めのものを用い、前屈するようにします。
薬物療法では、消炎薬や筋弛緩薬などを用います。
痛みが強い時は頸椎固定用のカラーをします。
状態が悪いものに対しては手術適応になります。

 

「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

 

広島・安芸郡 交通事故専門整骨院 元氣整骨鍼灸院

キーンベック病・月状骨軟化症 ~手の痛み 手の甲 腕 前腕 

手の甲の痛みの原因としてキーンベック病、別名=月状骨軟化症があります。

 

月状骨は手首にある8個の手根骨の1つで、ちょうど手首の真ん中に位置します。

 

月状骨にいく血管は少なく、すぐに血流障害になりやすい骨です。
なので栄養不足になりやすく、形状がつぶれて扁平化しやすいです。

 

症状が進むと、月状骨だけでなく手関節の変形につながるので注意が必要です。

 

原因は不明ですが、手の使いすぎ、反復する動作などが一説にあります。

 

特徴

 

・20~30歳の男性に多い
・手首に痛みと腫脹がおこる
・手首の甲側が痛みやすい
・手関節の運動時痛
・握力の低下
・手関節の可動域の減少
・手を酷使する人に起こりやすい

 

診断では、
X線やMRIで検査をし、月状骨の形状変化をみます。

 

治療

 

症状の進行状態によって治療が変わります。

初期では保存療法がメインになります。

 

患部を安静にし、手首を固定するギプスや装具を用います。
症状が進むと、手術の適応になります。

 

「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

 

広島・安芸郡 交通事故専門整骨院 元氣整骨鍼灸院

ブシャール結節 指 指先 手 痛み ~ 接骨院 整骨院

前回は指先の関節の痛みで、へバーデン結節を紹介しました。

今回はブシャール結節を紹介します。

 

ブシャール結節とは、へバーデン結節と同じ機序で起こる
指先の変形性関節症です。

 

へバーデン結節は指先の第一関節(DIP)に起こりますが、
ブシャール結節は第二関節(PIP)に起こります。

 

へバーデン結節が起こって、その続発として起こるケースが多いです。

 

症状としては、、、

 

・関節のこわばり
・痛み
・腫脹
・関節の変形
など

 

原因

 

原因不明に起こるとされています。
しかし、反復による指の使い過ぎ、加齢、ホルモンバランスの崩れ、
免疫力の低下、骨格の構造など遺伝の要因などが
症状を引き起こす因子の可能性があります。

 

PIPに痛みが出るので、同じ関節に痛みが起こる関節リウマチとの
鑑別に気を付ける必要があります。

 

治療

 

初期は保存的療法をします。
患部の安静、テーピングで固定をします。
また、痛みの強い場合は関節内に注射をしたり、投薬療法をします。

変形がすすみ、日常生活に支障をきたすときは、手術の適応も考えます。

 「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00