フライバーグ病 第2ケーラー病 ~ 安芸郡 海田 整骨院 治療院

前回は第1ケーラー病を紹介しました。

今回は第2ケーラー病、別名・フライバーグ病を紹介します。

成長期の女性に起こりやすい、足の痛みに第2ケーラー病(フライバーグ病)があります。
歩行時の痛みがあり、腫れ、痛み、関節の変形がおこります。
はっきりとした原因は不明です。

 

しかし、サイズの合わない靴を履くことで、
骨への血行が悪くなり起こると考えられています。

症状・特徴

・10代の成長期の女性に多い
・歩行時痛がある
・足の人差し指、中指に多い
・中足骨骨頭部への血行不良によりおこる
・リウマチ、中足骨疲労骨折との鑑別が大切

診断にはレントゲンが一般的です。

治療としては、、、

いかに早い段階での治療で悪化を最小限に抑えれるかが重要です。

関節の変形が起こり、痛みが残りやすいので注意が必要です。

患部に負担がかかる歩行や運動をなるべく控えます。
初期症状の時期には一般的に足底挿板を用いて、特に横アーチをサポートします。
また、ギブスで固定し、中足骨への加重負担を減らします。

症状が進んだ状態で、痛み・変形がみられる場合は手術の適応となります。

「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

 

広島・安芸郡 交通事故専門整骨院 元氣整骨鍼灸院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)