第1ケーラー病 足の痛み 足の甲 ~ 接骨院 整骨院 鍼灸院

年少の男の子に多くおこる足の痛みの症状として、第1ケーラー病があります。

足の内側にある舟状骨という骨に繰り返し負荷がかかることで、
血流が悪くなり、骨に症状が現れます。

舟状骨は足底アーチを形成する骨なので、症状がすすむと、
歩行時痛や、足首を内側にかえす動作で痛みが出ます。

特徴としては、、、

・4~7歳の男児に多い
・足背内側に疼痛がある
・歩くときに痛みがおこる
・舟状骨への血液の循環障害で壊死する
・片側に症状がでやすいが、両側にでる場合もある

検査方法は単純X線がよく用いられます。
舟状骨の扁平化がみられます。

治療が進むと次第に元にもどってきます。
期間とすると1〜3年程度かかります。

治療としては、、、

基本的に保存的治療をします。
治癒するまでに1〜3年程度ですが、
予後は良いことが多く、後遺症としてのこることも稀です。

 

運動や、長距離の歩行をひかえます。
体重を分散させ、負担を軽くするために足底板を入れて経過を見ます。

「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

 

広島・安芸郡 交通事故専門整骨院 元氣整骨鍼灸院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)