モートン病 足裏の痛み ~ 広島 安芸郡 接骨院

足の裏の痛み、痺れで多いのが「モートン病」です。
歩いているとき、足の前に体重が移動して、

地面を蹴るときに痛みが出やすいです。

 

足の指の3番目と4番目の付け根に神経の束があります。
足の裏の筋肉の低下や、横幅の狭い靴を履いたりで
足裏に繰り返し刺激が加わることで、滑液包が炎症を起こして腫れます。
そうするとその神経を圧迫し、足の指に痛みや痺れが起こります。

特徴としては、、、

・足の第3、4指(中指と薬指)に痛み、痺れが起こる
・サイズの合わない靴を履いて起こることが多い
・歩いているときに痛む
・足に体重をのせたときに体重が小指の方に逃げる人におこりやすい
・扁平足の人におこりやすい

治療としては、、、炎症がおこっているためまずは保存療法をします。

・合わない靴をはかない
・周りの組織の緊張をとる
・テーピング
・足底板をいれて足底にかかる体重のバランスを整える

足の痛み、痺れなどでお困りの方は是非ご相談ください。

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00

 

広島・安芸郡 交通事故専門整骨院 元氣整骨鍼灸院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)